前へ
次へ

インターナショナルスクールの先生の国籍

インターナショナルスクールには世界のいろいろな国の子供が通っています。スクールによって子供の国籍の比率は異なるようですが、アメリカ人が多いようで意外に少ないとされています。インド人やフィリピン人、韓国人などのアジア系の子供が多い学校もあるようです。国は違えど英語が話せるので英語でのコミュニケーションは問題ないでしょう。中には国籍は日本でないのに日本語を話せる子などもいたりします。ではインターナショナルスクールに在籍している先生の国籍はどうかですが、基本的には日本人はいないと考えた方がいいかも知れません。多くは外国籍でアメリカ人やインド人、オーストラリア人などやはり国籍はバラバラです。英語での授業が行われるので先生も英語圏の人になるでしょう。子供の中には日本語が話せる子がいますが、先生となると日本語が話せないことが多くなります。先生とのコミュニケーションには英語が必須になり、それによって英語力が伸びるのかもしれません。

Page Top