前へ
次へ

インターナショナルスクールの夏休み

日本の夏は非常に暑いので、エアコンのない教室で真夏で授業を受けるのは無理でしょう。最近は公立学校でもエアコンを設置するところが増え多少解消されてきたのかもしれません。一応日本の学校においては夏休みがあり、小中高ともに7月の終わりぐらいから8月いっぱいまで通常の学校の授業が休みになります。ではインターナショナルスクールにおいて夏休みはどうなるかで、日本の学校と異なる仕組みを持っているので子供を通わせるなら知っておいた方がいいでしょう。インターナショナルスクールによって違いはあるでしょうが、長いところだと3か月も夏休みがあります。6月から8月の夏の期間が夏休みになっていて、その間は学校に行かずに自分で過ごさなくてはいけません。海外では学校の新年度が始まるのが9月からのことが多く、夏休み前に学年を終えます。日本の学校だと1学期で学んだことの復習のために大量の宿題が出されたりしますが、宿題もあまりないのでダラダラ生活しないよう気を付けないといけません。

Page Top